Author:
• 金曜日, 4月 11th, 2014

最近「車売るならどこそこで」というCMを良くみます。
バイクも然りですが、いったい本当にお得なのでしょうか。
高く買い取りしてもらえるのでしょうか。
新車購入でしたら、下取りという選択肢も発生します。
インタネットの普及に伴い、オークションなどでも取り扱いができる時代です。
それぞれに、一長一短がありそうです。
もしもコレクターズアイテムな車をお持ちでしたら、オークションが良いと思います。
希少価値が付きますし、次のオーナー様に大事に乗って頂けそうに思えます。
下取りや、中古車買取専門業者ですと、希少価値は無さそうです。

お手軽な点で言えば、下取りが一括で手続きがすみますので、楽です。
少しでも高く売りたいのならば、中古車買取業者を回ってみるのも、良い方法だと思います。
他店の提示額を引き合いに出して、勉強してもらえるようです。
だいたい、無料査定をしていただけるので、一度足を運んで見てはいかがでしょうか。
古くても、海外などへ輸出することもありますので、意外と買取拒否は少ないと思います。
長年乗ったものや、コレクターズ色の強いものは愛着が沸きますね。
せめて、手放すにしても高く売りたいものです。
そして是非次のオーナー様にも大切に乗って頂ければ幸せです。

Category: 未分類  | Leave a Comment
Author:
• 月曜日, 1月 13th, 2014

オイル系でいうと、あまり聞いたことがない人もいるかと思いますが、オートマティックオイル、オートマティックフルードというオイルもあります。
これはオートマティック車にあるオイルで、主にミッションの潤滑油として使われます。
今はほとんどがオートマティック車ですから、ほとんどの人がメンテナンスでおこなう必要があるのです。

オートマティック車に乗っていて、ギアチェンジをする場合、「ガクン」となることはないでしょうか?その場合、オートマティックオイルが劣化している可能性があります。
劣化していると潤滑油としての効果が薄れているため、ギアチェンジがスムーズにおこなえなくなってしまうのです。

実際、エンジンオイルやエレメントというのは、交換する時期というのは言われていますが、オートマティックオイルはあまり認知度は低いようです。
それもそのはず、エンジンオイルが5,000㎞で交換するのが目安と言われるのに対し、オートマティックオイルの場合には、5万㎞が交換の目安と言われています。
たいていの場合は、5万㎞になる頃には何回もの車検を受けるでしょうから、車検時に交換してもらうのがいいでしょう。
ただ、車検の業者によっては、安く済ませるために交換しないところもあります。
ですから、5万㎞前後になった場合には、車検の際に交換してもらうように伝える、もしくはどのような具合かを聞いてみるといいでしょう。

万が一、オートマティックオイルがかなり劣化しているにもかかわらず、そのままにしていると、トランスミッションが故障してしまう可能性もあります。
そうなると数十万円かかりますから、早めにチェックすることが大切です。
車売る

Category: 未分類  | Leave a Comment